幼稚園・保育園・こども園でできる「鍵盤ハーモニカ」3つの練習方法

楽器の使い方

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆

腰痛です。

寝る前に湿布を貼ってねよう!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆

「鍵盤ハーモニカ」は飛沫を飛散させません

唄口を振りまわして

遊ぶ子は困りますが

会館のスタッフのみなさんも

「鍵盤ハーモニカ」は飛沫を飛散させないという

その事実を知って欲しいものです

 

『わたし』が授業でやっている

「鍵盤ハーモニカ」の練習方法を

今回は説明したいと思います

 

あくまでも練習方法ですので

音を出すまでの事は

省きますが、それは

幼稚園・保育園・こども園で、「鍵盤ハーモニカ」を吹いていますか?使えてますか?
「鍵盤ハーモニカ」を園で取り組んでいるところはたくさんあると思います。「鍵盤ハーモニカ」は小学2年生までは必ず使う楽器です。本当は学年があがればもっともっと高度なこともできるはずなのに、指がおもった通りに動かない低年齢の間にしか使用しないのは本当に勿体ないです。

 ここで説明しているのでみてください

 

簡単に「こども」とコミニュケーション「まねっこ遊び」

こども達はいきなり指が

動いて上手に

弾ける訳ではありません

「鍵盤ハーモニカ」の1番の問題は

「指が動かないので、フレーズが弾けない問題」

指が自由に動いて

好きな曲が上手に吹けたら

どんな子供でも

「鍵盤ハーモニカ」大好きってなります

まずは「ド」だけでもいいです

先生が「ドッドッド~」って吹いたら

こども達にマネをしてもらい「ドッドッド~」

先生が「ドッドドド~」って吹いたら

こども達にも「ドッドドド~」と吹いてもらう

この練習のいいところは

1つの音しか吹けない

3歳児でも出来るところです

注意としては

必ず指を動かす事

たとえ同じ音の連続でも

指を動かしましょう

まずは指を動かし指が自分の意識通りに

動かせるようになってもらいます

まずは1音ずつ

リズムを変え、音を変え、使う指を変え

さらに慣れてきたら

音を加え、指を加え、フレーズにしていく

『わたし』はクラス全員

「ドレミ、ドレミ」を指3本で

弾けるのを目指します

 

音あて問題、これが出来ても「絶対音感」になれる訳じゃないですよ

「鍵盤ハーモニカ」の練習というと

絶対に吹かなきゃならない

みたいに思っている

保育士さんは沢山いるでしょう

これはとてもゲーム性が高い練習です

先程の「まねっこ遊び」と同じで

今度は先生の弾いた音を

当ててもらうということ

もちろん、いきなり難しい「音あて」は

ムリですよ~

たとえば

「ドッドッド~」と弾いて

こども達に音を探してもらう

最初は「ド」「レ」「ミ」のどれかだよ~

みたいにヒント有りでやりましょう

これが出来るようになると

こども達が勝手に

自分の好きな曲の音を拾って

「鍵盤ハーモニカ」を弾き始めます

練習が進めば

短めのフレーズも聞きとれるようになります

 

曲練習。でもいきなり全部吹かなくてもいいですよ

『わたし』の曲練習は

「コード奏」「部分奏」「メロディー奏(合奏)」の

3つに分けています

「コード奏」はまず音楽に合わせて

伸ばす音を吹く!!

たとえばコードや和音の根音

(ドミソ)なら「ド」の音

(レファ#ラ)なら「レ」の音

(どうしても演奏が苦手な子は伸ばす音なら出来るよね)

「部分奏」は曲の中の

吹ける場所だけを吹く方法

たとえば「チューリップ」の「咲いた~咲いた~」は

「ドレミ~ドレミ~」の部分だけ吹く

他の部分は吹き始めは

難しいですからね

「メロディー奏」は合奏など

1曲ほぼ全部を吹く方法

もしくはサビなど曲のまま

吹いてしまう

「カエルの合唱」は4指で全部吹ける曲なので

比較的に授業の始めのほうで

使用する曲です

『わたし』が授業の流れで使う曲(一部)

・「チューリップ」(コード奏&部分奏、3指)

・「カエルの合唱」(メロディー奏、4指)

・「メリーさんの羊」(メロディー奏、4指・・・薬指抜き)

・「キラキラ星」(部分奏&メロディー奏・・・5指)

みたいな感じで進めています

ぜひ保育士さんたちは

「鍵盤ハーモニカ」を毛嫌いしないで

こども達と楽しく使ってくださいね

 

 

今回はここまで、ではでは。よろしく哀愁

コメント

タイトルとURLをコピーしました