こんな楽器のレッスンもやってます。スティールパン。

レッスン&授業

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日、病院にいってきました

とにかく痩せなさいと言われました

頑張って!!とも言われました(笑)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「音楽工房TOTOとまと」の打楽器教室はは江別市大麻にあります

江別のドラム・ピアノ教室 | 音楽工房ToToとまと
江別でドラム・ピアノ・エレクトーン教室なら音楽工房TOTOとまと。幼児音楽指導・研修や出張コンサートも行っており、幼稚園・保育所から小・中学校、各種施設、各種イベントなど、会場や目的に合わせてオリジナルプログラムをご用意致します。

スティールパンという楽器

打楽器教室ということで

ドラムセット以外にも

大麻打楽器教室ではレッスンをやっています

その1つは「スティールパン」です

「トリニダード・トバゴ」特有の楽器で

その歴史はとても悲しい過去がある楽器です

Wikipediaなどで調べると詳しく書いてあるが

植民地時代に民族性の高い太鼓などを没収され

労働させられていた場所にあった

ドラム缶を直そうと叩いたら

音が変わっているのを見つけたとか

ドラム缶の上に雨粒が落ちてきて

綺麗な音が出た

そんな話がのこっている

  

 

すぐは手元に届かない

『わたし』とスティールパンとの出会いは

専門学校の先生をやっていた時だった

コンサートの打ち上げで

「すすきの」で打ち上げをして

そのままの流れで大通公園を

目指していたら

黒人の方がスティールパン(たぶんトリプルギター/Triple guitar)

演奏していました

その透きとおった綺麗な音が

耳から離れなくて

楽器店に勤める先輩に

どうにか手に入らないかと相談しました

もう今から25年以上前の話です

先輩はこんだけ種類があるらしいよと

コピー用紙を1枚くれましたが

写真もない

インターネットは普及してない

ただ紙には

  • テナーパン(ソプラノ)/tenor
  • ダブルテナー/Double tenor
  • ダブルセコンド/Double second
  • クアドロフォニック/Quadrophonic
  • トリプルギター/Triple guitar
  • チェロパン/Cello
  • シックスベース/Six bass
  • ナインベース/Nine bass
  • トゥエルヴベース/12

その時は9種類だけのってました

と書いてあるだけでした

何かよくわからないけど

買えるんだという嬉しさで

その中からメロディー楽器担当っぽい

「テナーパン(ソプラノ)/tenor」

低音担当の

「トリプルギター/Triple guitar」

の2種類を注文しました

到着するのは12ヶ月後という話だったのですが・・・

18ヶ月経っても楽器は着かず

これはもしかしてやられたか?

騙されたか?

みたいに思ってしまし

慌てて先輩へ連絡をすると

(先輩)今ねー、フランスの近くの海の上にいるらしいよ」

「(わたし)船便?あとどれくらい・・・」

(先輩)2ヶ月くらいみたいだよ」

「(わたし)・・・2ヶ月。でも来るんですよね!!」

(先輩)もちろん。もちろん。」

「(わたし)んじゃー、待ちますね」

こんな感じでした

今は、売っているお店もありますし

現地に行って買ってくる強者もいますし

インターネットの普及で

情報もたくさん入ってくるようになりましたね

 

今はいろいろなところで音を聴けます

最近では色々な所で

その音を聴くことができます

たとえばこんな曲にも

出典:youtube

わかるかな~???

聞こえてきましたか???

 

あとはこんな曲にも

出典:youtube

画質が悪いですが冒頭にパンの音が聞こえてきます

 

日本で有名なスティールパンオーケストラの1つ

結成15周年なんですね

長く続ける事は大変なことです

 

レッスン風景

現在、当教室ではレッスンに

ご夫婦で来ていただいて

仲良くスティールパンを叩いています

  

  ご夫婦で頑張っています

楽器は『わたし』のをレンタルしています

なので現在、『わたし』の手元に楽器が

ないので新規レッスンは受け付けていません(残念ですが)

ちなみにこの楽器は「ドレミ・・・」が

順番通りに並んでいないので

音楽初心者の人のほうが

音の並びに慣れやすいみたいです

 スパイダーウェブという音の並び

 

楽器自体は「テナーパン」スタンド込みで25万円~ぐらいです

楽器が大きくなると値段も徐々に上がっていきます

パンオーケストラに憧れたりもしましたが

北海道では所有している人が

数人しかいないですし

仲間を見つけるのも大変ですよね

札幌近郊で興味のある方、来年の夏には

楽器が戻ってきますので

ご連絡ください

 

今晩はここまで。ではでは。よろしく哀愁

コメント

タイトルとURLをコピーしました