幼稚園・保育園・こども園で、「トライアングル」を上手に使えてますか?

楽器の使い方

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆

北海道は急に気温が下がってきました。

朝晩はストーブをつけようか考えるくらいです。

同じ日本でもどうしてこうも温度が変わるんですかね?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「トライアングル」

      3大キラキラ楽器の1つです。

 幼児音楽の中で「トライアングル「ウインドチャイム」「鉄琴」は3大キラキラ楽器といっていいでしょう。

   

 器楽演奏や、発表会の合奏で、このキラキラした音はとても目立ちますし、色々な音がある中で

とても良いアクセントになります。その中でも「トライアングル」は保育士さん達が

何の疑いもなく、園児たちに渡してしまう楽器なのですが、この「トライアングル」

園児たちが使うにはとても「難題の多い楽器」なのです。

難題1、楽器が重い。

 「トライアングル」はみんな知っての通り、金属でできています。

金属ということは園児には重たい楽器なのです。なのに重たいと知っていながら、

保育士さん達は園児たちに、特に3歳児あたりの発表会で持たせたりします。

これは発表会に向けての練習で色々悪循環に陥ります。

  楽器が重たい → 

   キチンと構えれない → 

    音が出せない → 

     楽しくない → 

      やりたくない!ってなりますよ。

難題2、楽器が回る

 そして、この楽器の最大の問題が「楽器がクルクル回る」という事です。

普通「トライアングル」は輪になったテグス(紐)に通して指で持ちます。

  これはテグス(紐)が長いとクルクル回るのです。

 出来るだけテグスを短くしたほうがいいです。園児は叩く力が一定ではないですし、

叩く角度も一定ではありません。そのためにクルクル回る現象がおきます。

しかし、重たかろうが、回ろうがどうしても手に持たせたいんです。という保育士さん。

わかりますよっ!あのキラキラした音が欲しいんですよね。ならばテグス(紐)

変えましょう。まちがっても書類などを綴じる、「綴じ紐」なんて使ったらいけませんよ。

使うとしたら、「結束バンド」を使いましょう。「結束バンド」はプラスチックで

出来ているので、「トライアングル」の響きを、「綴じ紐」や「スズランテープ」よりも

止めてしまう事が少ないので適してはいます。少し細めの「結束バンド」で輪を作り

(余ったところは切ってください)「トライアングル」を通して、指やスタンドに引っかけて使います。

あくまで回らない為の「結束バンド」であって、重さの問題はあるので指に掛けるよりは

スタンドがお勧めです。

難題3、同じ音にならない

 これは「トライアングル」という楽器の特性で、同じ力、同じ場所、同じタッチ

じゃないと同じ音がでません。園児の合奏でそこまで気にして演奏することは少ないかも

しれませんが手に持っていると、大人でもなかなか難しい事です。

結果的に・・・

 わたしは「トライアングル」を手に持たせて叩かせることは、お勧めしません。

できればスタンドに付けてあげたり、持ちやすくしてあげたりいいと思います。

たとえば・・・

  「SUZUKI」から出ているマルチトライアングル

「手に持って」「テーブルに置いて」「スタンドに取り付けて」とあるように、どんな形態でも

演奏が可能です。これは本当にいいです!!

同じ音も出ますし、3歳児でもキチンと演奏できます。しかし、ちょっとお高いので数を揃えるのが大変・・・

 もし園に器用な用務員さんなどがいたら、針金ハンガーなどで手に持つようの

  

こんな感じに作ったりしてあげると、簡単に人数分揃えられると思います。

「トライアングル」は最近では100均でも売っていたりしますが、

やはりお高い楽器はそれだけの響きをもっています。合奏などに使うときは

100均のものよりも、しっかりした楽器(3,000円以上)を使って欲しいです(●^o^●)

 

 

今回はここまで。ではでは。よろしく哀愁

コメント

タイトルとURLをコピーしました