【音の出る箱】手軽に演奏できる「カホン」

エンタメ

カホン は、ペルー発祥の打楽器(体鳴楽器)の一種です。

カホンは楽器自体に跨って演奏される箱型のもの(ペルー式と呼ばれる)からコンガのように股に挟んで演奏されるもの(キューバ式と呼ばれる)まで、打面が木製である打楽器全般を指す。通常ペルー式カホンを指す場合が多い。

 

【簡単な作りの楽器】

Cajónはスペイン語で「箱」を意味し

その名の通り中が空洞の直方体の形状をしている

通常木製だが、FRPボディーや打面にカーボンファイバー等の

プラスチックを用いた製品も存在する

太鼓の「胴」にあたる部分と「膜」に当たる部分では材木の厚みが全く異なる。

通常1面だけが打面であり、薄板でできており

これを「前面」と見なし客席に向ける

打面は他の面よりかなり薄く、通常2.5-3.5 mm程度の合板が使われる

それに対して「胴」に当たる部分の材木(合板)の厚さは通常、15㎜~20㎜程度

打面の反対側の面(裏面)にサウンドホール(音孔)が空けられている

(一部に例外な位置にサウンドホールをあけているものもある)

  ねこ型のサウンドホール

元々のカホンに弦などは無かったが

スペインのフラメンコ伴奏に使われるようになって以降

打面の裏には弦や鈴などを仕込むことが多く

これにより特徴的なバズ音を得ることができる

  1本1本の弦を調整できるようになっている

現代でもペルーやキューバなど

カホンの生まれた場所では弦などがないのが普通である

【アンプラグドで注目】

カホンがテレビでも見られるようになったのは

「アンプラグド コンサート」(電気を使わない楽器だけコンサート)

頻繁に開催されるようになってからだ

ドラムセットではなく

カホンを使うことで温もりのある音を出すことができ

マイクを通さない、スピーカーを通さない演奏に

自然と溶け込む演奏ができるため

カホンが使われることが多くなった

【→Pia-no-jaC←】(ピアノジャック)という演奏デュオでは

ピアノとカホンという編成で演奏されている

【カホンの有名なメーカー】

カホンはその作りが簡単なことから

色々なメーカーで作って販売されている

その中でもドイツの「Schlagwerk」(シュラルベルク)は老舗で

打面のところに「モノグラム」が描かれているものが有名である

  

日本からも色々なメーカーがカホンを発売しているが

北海道産カホン「Decora43」(デコラ43)は知る人が知る「カホン」

北海道愛別町にてオリジナル8弦カホンを製造販売

プロミュージシャンも使用者多数されています

人気のヒミツは

抜群のサウンド、美しい木目の仕上がり

これにつきます

年間で生産される個数も少なく

島村楽器限定モデルも出していますが

1度、叩いてみるとその繊細な音や深いバズ音に心奪われます

  

最近では段ボールで作られた「ダホン」など

より手軽に楽しめるものも発売されている

使わない時は椅子として座ることもできるので

お部屋のインテリアとしても椅子としても

お勧めしたいアイテムだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました