怒涛の春の幼児音楽研修会 終わった感想

レッスン&授業

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

3月末から4月始めに幼児音楽研修会を5つの園で開催しました

園によって、「鍵盤ハーモニカの導入」「器楽・リズム遊び」「総合的な音楽指導」

やってほしいことは様々なようで

少しでも役に立ってもらえたら嬉しいです

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

春の研修会はほとんどが「鍵盤ハーモニカの導入」についてです。北海道は年間で音楽をしっかりと導入している園が少ないので、どのように「鍵盤ハーモニカ」を導入の仕方がわからないようで、音楽研修はとても喜ばれます。

北海道では音楽研修会がほとんど出来てない

コロナ禍で「保育士さんに集まってもらう研修」から

「保育士さんのところに行く研修」に変わりました

全道で音楽を実践している園はたくさんありますが

年間のカリキュラムで音楽を取り入れている園は

数少ないです。

しかし、保育料無償化の為

選ぶ権限が親御さんのほうに移っているので

園は差別化を図り始めているのではないでしょうか?

幼稚園・保育園・こども園では

【音楽】【体育】【英語】などなど

色々な取り組みをし始めています

音楽の研修は園で音楽を取り組んでいる所が多い割に

研修をして回っている人が少ないと思います

 

音楽の練習を日常に

鍵盤ハーモニカなどは発表会で使うのに

なぜか年長になってから取り組んだり

発表会の練習が始まる1ヶ月くらいから取り組んで

毎年大変なんです!って声も聞きます

『わたし』は「鍵盤ハーモニカ」を縄跳びの練習をするように

駒回しのの練習をするように

竹馬の練習をするように

毎日少しづつ手に取って練習するものに

なればいいと思っています

朝の会の5分間とか

給食食べた後の空いてる時間

帰りの会の5分間みたいに

保育士さんも子供達もいい意味で特別感をなくしてくれると

もっと鍵盤ハーモニカを楽しめるのではないでしょうか?

 

コロナ禍だからこそ個人で持つべき

北海道の園では

「鍵盤ハーモニカ」を園で所持して

唄口を個人持ちにしているところが少なくありません

コロナウィルスは4~7日経てば

ほとんどが死滅すると言われていますが

気にする人はいるかもしれません

小学校でも使う楽器ですので

個人持ちを推奨します

できれば国産の「SUZUKI」メロディオン、「YAMAHA」ピアニカをお勧めします

最近、ネットで売られている激安鍵盤ハーモニカは

中のリードの部分が溶接ではなく

金属用接着剤でつけているようで

真夏の暑さや、連続使用での楽器内の湿気で

接着剤が溶けてリードがガンガン取れてしまいます

あとは『わたし』が見た中で1番酷かったのは

「ド」「レ」「ミ」「ミ」「ソ」「ラ」「シ」「ド」

と、音自体がハッキリとずれているものもありました

 

音楽を積極的に取り組んで欲しい!

研修会で保育士さん達に必ず聞くことがあります

「音楽が得意ですか?」と聞くと

ほとんどの保育士さんは苦手と言いますが

「音楽が好きですか?」と聞くと

ほとんどの保育士さんは好きと言います

ならばその好きな音楽を

園児たちに伝えてほしいです

『わたし』はこの仕事を20年以上もしていますが

いまだにピアノは弾けません(ごめんなさい🙇)

ピアノが弾けないのは音楽が苦手という理由には

なりませんよ!

今はインターネットが普及して

 

音楽の取り入れ方、取り組み方、使用の仕方が

とてもやりやすくなりました

もっともっと音楽を積極的に取り組んで欲しいものです

5月以降も研修が4つ決まっています

保育士さん達にも音楽をわかりやすく

楽しく伝えれるように頑張りたいと思います

 

 

まとめたページもあります。

404 NOT FOUND | 音楽工房TOTOとまと・ぶろぐ
ピアノが苦手な音楽講師のブログ

 

 

今回はここまで。よろしく哀愁

コメント

タイトルとURLをコピーしました