幼稚園・保育園・こども園で、「カスタネット」を上手に使う!!

楽器の使い方

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆

もうすぐ『ダンまち』の第3seasonが放映開始です。

楽しみだなぁ、たのしみだねぇ。

『キングダム』の放送再開はまだだろうか???

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「カスタネット」って言われてみなさんは何を思い出しますか?

フラメンコ? 赤と青? ハケンの品格の篠原涼子???

  (定番のカスタネット)

 「カスタネット」といっても、普通の赤青の『教育用カスタネット』の他に、

『フラメンコカスタネット(コンサートカスタネット)』

 

『フラッパーカスタネット(柄付き)』

 

『テーブルカスタネット』

 

などなどがありますね。

幼児音楽の現場では、赤青の『教育用カスタネット』以外は目にすることは、ほぼないでしょう。

 

 わたしが幼児音楽の現場で『タンバリン』『すず』『カスタネット』

3種類の小物楽器あるとして、発表会で誰に何を持たせようか?と考えたとして

音楽的な観点でいうと

『すず』『タンバリン』『カスタネット』

という優先順位になります。

 『カスタネット』を発表会で使うとしたら、2歳児&3歳児くらいが多いでしょうか?

わたしが発表会の楽器の振りわけするなら、まず上手な子供に『カスタネット』

持ってもらいます。現場の保育士さんたちはビックリしますけどね(笑)

ほとんどの保育士さんは「タンバリン」を持たせますよね。なぜか・・・・

【楽器が大きいから】という理由ですね。

実は『カスタネット』は子供たちにとって、キチンとした音がだしずらく、音が揃いずらいという

特性があります。それでいて上記3つの中で、キチンと鳴らすと一番大きな音が出ます。

音が揃いずらいというのは、「すず」や「タンバリン」は鳴らした時に複数の音が出てきますので

多少づれても、何となく揃って聞こえますが、『カスタネット』は1つしか音が出てきません

(※ハッキリした音ってこと)ここが音楽的な観点ってことです。

1人で鳴らすならともかく複数人で鳴らす時は、かなり上手な子供たちでタイミング

合わせて叩かないと、「カスタネット」どころか、全体がバラバラに聞こえて

しまうのです。

見た目が重要で、音は関係ありませんってことなら、何をもってもいいですけどね(笑)

 合奏で『カスタネット』を使いたい!!

 もし、合奏でカスタネットを使いたいんですって時は『テーブルカスタネット』

お勧めします。手に持って叩く『カスタネット』はタイミングが取りずらいのと、

合奏に使うには音がしっかりしている、叩きやすいという観点からも

『テーブルカスタネット』はどうでしょうか?

こんな『カスタネット』は使っちゃダメ!!

 ・ゴムが伸びきって、手においても全然ひらかないものダメです。

 ・楽器のボッチ部分が擦り切れて無いものはダメです。

 ・割れているものは、あたり前ですがダメです。

 

 どうやって鳴らす、持ち方は?

 わたしは「タンバリン」の記事でも書いたとおり、持つほうの手は

『タンバリンは右手』『カスタネットは左手』としています。

左手のお兄さん指(中指)につけさせます。人差し指と書いている教則本などもありますが、

子供たちが指を挟まないようにするには、お兄さん指(中指)につけて、「カスタネット」を

持った手は動かさず、もう片方の手で、跳ねるように叩く、拍手のように両手を動かして

パンパン叩くのは指を挟む可能性があるのでやめましょう!

持っているほうの指は開かずに閉じましょう。指を挟まないように気をつけてね。

 (跳ねるように叩きます)

発表会が直近で、楽器の配置などで困っている保育士さんもいると思いますが、少しでも

ヒントになってくれたら嬉しいです。

 

 

 ではでは。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました