静かなブーム、大人の鍵盤ハーモニカ。

大人の音楽

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

メーカーによって鍵盤ハーモニカの商品名が違うの知ってますか?

メロディオンは『SUZUKI』、ピアニカは『YAMAHA』、ピアニーは『ゼンオン』

あなたが使っていた鍵盤ハーモニカはどれでしたか?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

幼稚園&保育園から小学校2年生くらいまで、使っていた楽器『鍵盤ハーモニカ

あなたは覚えていますか?得意でしたか?

小学校3年生くらいからは、『リコーダー』に移行してしまうので、あまり記憶に残らないまま、

気づいたら部屋の隅に使われないまま、そこそこの場所を取っていませんでしたか?

 しか~し!!

ここ数年で、大人の鍵盤ハーモニカが、静かなブームになっています。

 

 

ヤマハが「大人のピアニカ」を発売!    進化した大人っぽいメロウな音色で登場

2018年6月6日に発売された「大人のピアニカ」は、発売から爆発的な売り上げになりました。

従来の子供用の『ピアニカ』よりも音域が広く、楽器の色彩も可愛い色から

大人っぽいシックな色になっています。

    メーカー希望小売価格は13,000円(税別)本体色はブラックとブラウンの2色です。

 子供の時に吹いた『ピアニカ』を感じつつも、大人が持ってもいても、安っぽく見えない

ところが、さすが!!『YAMAHA』ですね。

 『YAMAHA』はマーケティング能力にも長けていますから、『大人のピアニカ』の紹介動画は

とにかくお洒落です♪

 こんな風に、お洒落な生活憧れますよね。

 

SUZUKI楽器発。『PRO-37』シリーズは元祖!!大人の鍵盤ハーモニカ 

 ここまで『YAMAHA』の『ピアニカ』について書いてきたが、日本の楽器メーカーの中で、

鍵盤ハーモニカの元祖は『SUZUKI』楽器製作所である。

子どもたちが楽しく・扱いやすく・安全に演奏できるように」という開発者たちの創意工夫と

試行錯誤が詰め込まれてきました。

 1999年に『PRO-37』モデルが発売、翌2000年には『PRO-37V2』大人を

ターゲットとした、プロモデルが発売になり、2010年には、グットデザイン賞も獲得し、

アコースティックタイプの鍵盤ハーモニカとしては最高峰の音色を誇ります。

 さらに2019年には後継機『PRO-37V3』が発売されました。

『SUZUKI』のメロディオンの唄口は、様々な形のものが揃っているので、自分の吹きやすい唄口が、必ず見つかるはず!!

 

ライブで大活躍!!ピックアップ内蔵 HAMMOND 「PRO-44H/PRO-44HP」

「PRO-44H」は、2008年にHAMMONDとスズキメロディオンのコラボレーションによって誕生したピックアップマイク内蔵型の鍵盤ハーモニカ。教育用の枠を超えたミュージシャン・バンドサウンドをターゲットにしたモデルとしてプロユーザーのニーズに応えたモデルです。

「PRO-44HP」は、HP(ハイパー)と名がつく通り、見た目も音色もライブに特化したモデルといっていいでしょう。この2機種は音色が違うため曲や、演奏シーンによって使い分けて演奏している人は多いみたいです。(私は速攻で買いました)

2020年、マイクユニットが刷新。よりクリアで自然な音となり、演奏表現をリアルに伝えれるようになった、上2機種の後継機PRO-44Hv2/PRO-44HPv2 が発売された。

 

背面が金属メッシュになっている「PRO-44HP」かっこいい~!!

 

最高級!!木製鍵盤ハーモニカ

2017年『SUZUKI』楽器からは、最高級木製鍵盤ハーモニカが出ている。

木製鍵盤ハーモニカ W-37(←この楽器の名前は何とかならなかったものか

この普通の名前の鍵盤ハーモニカは「受注生産」で市場値段が 約14万円

 木製カバーのモデルです。クラシックやミュゼット、ジャズといった繊細な音表現が求められる楽曲においても、他の楽器と調和する柔らかな音色を目指し、きちんと主張しながらも柔らかい音色が誕生しました。受注生産なので、手元に届くまで時間がかかる場合もあるようですが、その分、1台1台丁寧に作られているようです。これだけ特別感満載なら名前も特別な感じにならなかったのか?

 

 吹くのが勿体ないくらいの楽器、2017年のグットデザイン賞受賞しています。

 

 このように『大人の鍵盤ハーモニカ』は色々な種類があります。特に『SUZUKI』楽器は20年以上前から大人向けの楽器を販売しているのだが、あまり知られていないのは教育楽器製作会社、故のマーケティングの弱さかもしれません。しかし、『SUZUKI』楽器も最近は動画制作

『ケンハモTV』や、『ケンハモの日』(2月1日)の制定 など盛り上がりをみせています。

近年、色々なメーカーから『鍵盤ハーモニカ』が販売されていて目移りするかもしれませんが、

「気にいった楽器を1台」手にしてみるのもいいかもしれませんよ。

 

 

ではでは。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました