水槽新調しました

雑記~徒然なるままに~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

娘との最近の遊び

新聞紙から「木」へんの漢字を20個探す

1時間ほど真剣に探していたので

成功報酬は「鬼滅の刃」の単行本になりました

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

我が家の「マリモ」が予想以上に大きくなってしまって、今までの水槽では金魚の泳ぐスペースが狭くなってしまって可哀想というよりも、「マリモ」が水槽の縁にくっついて四角くなるのが可哀想なので、新調してみました

2つの水槽を1つに

我が家には「マリモ」「金魚」水槽と

「どじょう」「エビ」水槽の2つがありました

この「金魚」が超性格が悪い「金魚」

一緒に入っていた他の金魚を突いて

ありとあらゆるヒレをズタズタにしてしまいました

それからは水槽を分けて飼育していましたが

「マリモ」が超巨大化&分裂したため

ちょっと大きめの水槽の購入を決意

2つに分かれている水槽の生き物を1つにする事にしました

1月3日のジョイフルエーケーの初売りに出陣するも

閉店時間をしらずに閉店時間の3分前に親子3人で到着

臆することもなく「蛍の光」は流れていようとも

往年のF1ドライバー「マンセル」の如く

入り口から水槽コーナーまで歩くスピードを落さずに進み(相方に急かされ)

往年のプロサッカー選手「中田英寿」のような判断力で

水槽を選び(相方にそれでいいなら買えばと言われ)

お店を出るときには「蛍の光」が流れ終わっていました

 出典:ジェックス GEX グラステリアBZ 450S

 

いよいよ水槽立ち上げ

水槽を買ったのが1月3日

しかし、毎日、寺子屋状態

とても水槽に手を出す時間と環境がありませんでした

むすめ
むすめ

ねぇ、パパ。いつになったら水槽やるの???

毎晩、毎晩、娘の【なんで水槽を買ったのに何もしないんだよ!!】目線が

辛くて辛くて・・・そこで

2人の勉強を何とか早く終わらせて準備開始

2人にはしっかりと手伝って貰うことにしました

甥っ子には「どじょう」用の砂場とエアーを出させるために

「tappa」に電動ドリルで穴をあけさせて

娘には砂を入れさせる

  

「どじょう」は砂の中に潜って

顔をチョットだけ出しているところが可愛いんです

他にも甥っ子に大きくなった「マリモ」を手で軽く形を丸く整えてもらい

娘には水草の移植なども手伝って貰いました

 

手間をかけたからこそ、可愛い!

水槽の立ち上げは1日仕事にはなりましたが

娘と甥っ子には毎日勉強ばかりの日々とは違って

とても楽しそうに手伝ってくれました

 

水槽が綺麗になったので2人共、満足そうに水槽をのぞき込んでいます

色々な生物の様子を観察できる状況

「マリモ」「金魚」「どじょう」「エビ」「石巻貝」

チョコチョコと動いているのが

嬉しくて、楽しいらしいので何度もエサを上げようとします

わたし
わたし

エサは、朝2つまみ!夜は1つまみだよ。

これは冬休み期間の娘の仕事になりました

 

水槽の中の小さな共存共栄

水槽の中では「どじょう」vs「エビ」

住処の主張合戦が激化しています

砂地の周りには石を少し置いたために

「エビ」にとっては隠れる場所としては抜群です

フレーク状のエサも石の隙間に入り込むので

「エビ」も悠々自適に石が積み重なった場所に陣取っています

一方、「どじょう」「エビ」に臆せず砂場の砂を

一生懸命にフカフカにしているようです 

もちろん石の隙間に入り込んだエサも狙っています

  ここが「どじょう」と「エビ」の主戦場

これからの観察が楽しみです

「石巻貝」ですがエサは水槽につくコケなどが主食なので

綺麗になった水槽にコケなどなく

餓死しないか心配しています

石についていたコケを食べているようですが

それだけでは足りないらしく

水草にもくっついて、コケを食べているようなのですが

転がって逆さまになってしまう時があります

「石巻貝」は自分では体制を戻せません(寝返りの出来ない赤ちゃんか!?)

丸1日ほどそのままでいると餓死してしまいます(なんと儚い)

なので逐一、観察するようにしています

「石巻貝」が水槽の中にいれば

水槽のガラスに付いているコケが綺麗になりますよ

そして主役の「マリモ」

  

存在感抜群で水槽が大きくなったお陰で

まだまだ大きくなる猶予ができました

まん丸になると可愛いけど

我が家の「マリモ」はゴツゴツしています(転がることも出来ずに水槽の隅にいたので)

でも「マリモ」ってこんなに大きくなるのかな?

4年前には1円玉より小さかったのになぁ

「エビ」「マリモ」にくっついてパクパクしているみたいですが

なくなることはないでしょうね

これからも娘と生物のことを勉強しつつ

水槽を管理していきたいと思います

ちょっとした生き物を飼うのは子供にとって

良いことかもしれませんね

 

ではでは。よろしく哀愁

コメント

タイトルとURLをコピーしました