朝ドラ【舞い上がれ】ポケベルの使い方しってる?

エンタメ

「舞い上がれ」は時代背景がハッキリとしていませんでしたが、本日の放送で手がかりがありました。

舞と祥子ばぁばが、山中さくら(長濱ねる)が働く港の売店にばぁばと2人で作った「びわジャム」を持っていくシーンで、さくらが電子音の鳴るものをポケットから出していました。あれが「ポケベル」です。

 

【ポケベル】

携帯電話が普及する前の平成初期の1980年代後半から1990年代前半にかけて

ポケットベル(ポケベル)が普及しました

当時は家や職場にある固定電話からでなければ電話ができなかった時代でしたが

ポケットベルによって外出していて電話ができない人とも

連絡が取れるようになったのです

ただし、携帯電話はメッセージの受信も送信もできますが

ポケットベルは受信するだけで、送信することはできませんでした

受信するのも、誰からの呼び出しかを電子音で鳴らすだけで

当初はメッセージすら表示できませんでした

信号やメッセージを送信するためには

家や職場の固定電話や公衆電話を使う必要がありました

1987年になると端末に数字を表示できる機能が追加されたことから

ビジネス目的以外の人たちにも一気にふきゅうしました

表示できるのは数字だけでしたが

「49(至急)」「4649(よろしく)」「999(サンキュー)」「114106(あいしてる)」など

数字を用いた語ろ合わせによるメッセージ送信が

女子高生などの間で広まり

メッセージを送るために公衆電話に並ぶ光景があちこちで見られました

数字を文字に変換する表

家や職場ではなく、個人と直接コミュニケーションが取れるようになったことで

ライフスタイルにも影響がありました。

そのことから、さくらのポケベルはまだ数字が表示できるものでは

ないようだったので1987年以前と考えられます

その後、ポケベルからPHSへ、そして携帯電話、スマートフォンと変化していきました

朝ドラ【舞い上がれ】超難解 五島弁かるた
小学校で「かるた」や「百人一首」ってよくやりましたよね。舞も小学校で「かるた」をやっていましたが、何やら聞きなれない言葉。いうてみぃ~って言われても言える訳もない
朝ドラ【舞い上がれ】舞が食べていたのは幻の柑橘「ゆうこう」
第2週目がはじまりましたね。やっぱり興奮すると熱が出てしまう舞、そんな舞を祥子ばあちゃんは、となりでやさしく語り掛けます。その時、祥子さんが皮を剥いていた柑橘、あれなんでしょうか?みかんよりも皮は堅そうですし、ちょっと酸っぱそうな色味でした。薄皮もとっていたのでオレンジではなさそうです。
朝ドラ【舞い上がれ】ばらもん凧について
月曜日からの「舞い上がれ」では舞の将来に影響を与える「ばらもん凧」が登場します。この五島列島の民芸である「ばらもん凧」について調べてみました

コメント

タイトルとURLをコピーしました