朝ドラ【舞いあがれ】パイロットになる適正とは?

エンタメ

水島学生が退学処分になってしまいました。水島学生は一度に複数のことが処理できないようでプリソロチェックの再審査でも不合格となってしまいました。いつもオチャラケている水島学生の号泣といつもクールな柏木学生の熱いやり取りは目頭が熱くなりました。

プリソロチェック前の円陣を組んでいた、水島学生が痛々しい。

 

【パイロットに必要な適正とは】

パイロットであるためには常に健康な身体であることが大切です。

また、周囲と協力できる協調性や

その場の状況に応じた判断をするための積極性がある人が向いているほか

高い操縦技術・地理や気象の知識・マルチタスクの能力などのスキルも必要です

健康であること

パイロットは最低でも半年に1度「航空身体検査」といわれる特殊な身体検査を受け

定められた基準を超えなければ、この仕事を続けられません

そのため、常に健康な身体であることが何よりも大切になります

お酒の飲み過ぎや太り過ぎなどにも気をつけなければなりませんので

自然と「節制」するようになるでしょう

何もしなくても健康体であることが一番ですが

体調を崩しても早く病院に行って治療するなど

健康には人一倍気を遣っておく必要があります

協調性があること

旅客機の運航はパイロットだけでなく

整備士やキャビンアテンダント、グランドスタッフをはじめ

多くのスタッフによって支えられています。

また、大型の旅客機の場合

安全なフライトのためには機長と副操縦士が協力し合うことも重要になります。

そのため、パイロットには周りと一緒に協力して働こうという「協調性」が欠かせません。

高い操縦技術だけでなく、周囲の絶大な信頼を集めてこそ

「一流のパイロット」ともいえるのです

行動力・判断力があること

パイロットは自らその場の状況に応じた判断を行わなければならないので

常に人から頼まれたことだけをやる

「受け身」の人には向いていません。

積極的に動ける行動力や前向きな積極性も重視されます

舞ちゃんのすかさず「ゴーアラウンド(やり直し)」の判断をしたのは

その場の状況に応じた判断がしっかり出来たということです

高い操縦技術

パイロットは乗り物を操縦するのが仕事なので

高い運転技術があることは必須です

周囲の状況を冷静に判断しながら

常に的確に機械の操縦ができる人でなければ務まりません

運転には自信がある人に向いている職業なのです

地理や気象の知識

パイロットとして活躍するためには

国内はもちろんのこと、世界中の地理に精通していることが求められます

また、安全なフライトのためには気象に関する知識が必要です

地理や気象の勉強がまったく苦にならないという人のほうが適任です

柏木学生が苦手な分野ですね

マルチタスクの能力

パイロットは、その場その場の状況に応じて複数の機器を動かすなど

一度にいくつものことを同時進行で行うことになります。

そのため、音楽を聴きながら本を読んだり

テレビを見ながら勉強したりなど

「マルチタスク型」の人のほうが向いているといわれています

水島学生はこの部分が不合格の原因になっていると思います

 

 

「#舞いあがれ」関連ページ
向かい風を受けてこそ飛行機は空高く飛べる! 様々な困難に翻弄される今、 空を見上げて飛ぶことをあきらめないヒロインの物語を通して、 明るい未来への希望を届けます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました