朝ドラ【舞い上がれ】ばらもん凧について

エンタメ

月曜日からの「舞い上がれ」では舞の将来に影響を与える「ばらもん凧」が登場します。この五島列島の民芸である「ばらもん凧」について調べてみました

ばらもん凧とは五島の方言で

「ばらか」に由来し

荒々しく 向こう見ず」「荒くれ者、元気者

と言う意味に用いられています

日本列島の西端に位置している五島列島の福江島に

古くから作り伝えられたのが、この「ばらもん凧」です

 

【独特な柄】

「ばらもん凧」の絵柄は

全体の上部が「鬼」、中段部が「武者兜の後ろ姿」、下段部が「嵐の中の渦」をデザインされており

嵐の中鬼が真正面から兜をくわえたままでも前へ進み続ける

敵に後姿を見せぬ勇猛な武者を表現しています

このばらもん凧の特徴として絵柄の中にクルス(十字架)の形があり

隠れキリシタンの島、あるいは八幡船の基地として

歴史をもつ五島であるだけにその特徴及び

出所は不明であるが興味深いものがあります

【「ばらもん凧」は、おじいちゃんの腕の見せどころ

男の子の初節句(旧3月3日)現5月5日に

我が子を思う親、祖父が作り、

天高く揚げながら凧の上部に付けられた「うなり」で独特の唸声をだし

子供の厄を払い無事成長と立身出世、家内安全を祈願しました

現在、ばらもん凧を手に入れるには

お店で買ったり、作ることができる知り合いや親せきにお願いするのが一般的

しかし、昔は子どもが初節句を迎えると

当たり前のようにおじいちゃんやお父さんが作っていました

それらに同じデザイン、同じ色合いのものはなく

それぞれが個性を出しながら作っていたといわれています

出来栄えが各家庭で違うことから

当時は「おじいちゃんの腕の見せどころ」といわれていたそうです。

ヒロイン岩倉舞はこの「ばらもん凧」をみて

「ばらもん凧」のように空高く飛びたい

そして、空へのあこがれはパイロットを目指すキッカケとなっていきます

朝ドラ【舞い上がれ】五島列島の方言って面白い
朝ドラ【舞い上がれ】は五島列島に舞台を移し、おばあちゃんと舞の生活がはじまります。祥子ばあちゃんの「おぅよ」は色んな所で使われますが、どんな意味で使われるのでしょうか?
朝ドラ【舞い上がれ】潮だまりで遊ぶ時の注意
舞がめぐみに自分の意見をいって課外授業に行きましたね。海が近い地域では海辺、それも岩場の多い地域では「潮だまり」で遊ぶのは定番ですね
朝ドラ【舞い上がれ】 赤穂の木 別名「絞め殺しの木」
舞が小学校へ初登校する道すがら大きな「赤穂の木」のトンネルを通る場面が印象的でした。この「赤穂の木」は別名「絞め殺しの木」と言われています。
朝ドラ【舞い上がれ】絶対に舞を走らせる 浦一太登場
「舞い上がれ!」が昨日のJアラート騒ぎのおかげで放送されなかった分を5日に連続放送しています
朝ドラ【舞い上がれ】舞が食べていたのは幻の柑橘「ゆうこう」
第2週目がはじまりましたね。やっぱり興奮すると熱が出てしまう舞、そんな舞を祥子ばあちゃんは、となりでやさしく語り掛けます。その時、祥子さんが皮を剥いていた柑橘、あれなんでしょうか?みかんよりも皮は堅そうですし、ちょっと酸っぱそうな色味でした。薄皮もとっていたのでオレンジではなさそうです。
朝ドラ【舞い上がれ】超難解 五島弁かるた
小学校で「かるた」や「百人一首」ってよくやりましたよね。舞も小学校で「かるた」をやっていましたが、何やら聞きなれない言葉。いうてみぃ~って言われても言える訳もない
朝ドラ【舞い上がれ】五島列島の念仏踊り「チャンココ」とは?
8月13~15日、五島列島の念仏踊りは半袖襦袢に素足のまま花笠をかぶり、腰みのをつけて太鼓を抱き、重鉦(オモガネ)と小鉦(レイコ)の音と歌声に合わせて舞い踊る南方系の情緒を漂わせるエキゾチックな踊りです。
朝ドラ【舞い上がれ】怪しい店主登場 伝説の「ノッポさん」に激似
舞ちゃんの大阪での暮らしが再び始まりました。出てきましたね、怪しい男が本屋の店主。その面影はNHKの伝説の番組「できるかな」の 「ノッポさん」のようでした。
朝ドラ【舞い上がれ】お父ちゃんの工場が大ピンチ 特殊ネジ作ってオンリー1になれるか?
舞ちゃんのお父ちゃんの工場が大変なことになっていますね。今回の話は色々とビジネスに係わるお話が会話の端々に出てきました。少しまとめてみます。
朝ドラ【舞い上がれ】お好み焼き屋さんに懐かしい近鉄のユニフォーム
お父ちゃんのチャレンジが始まりましたね。お好み焼き屋さんでツッコミの早いおじさんもいましたが、お店の中に掛かっているユニフォームは今年優勝したオリックスバファローズが吸収合併した「近鉄バファローズ」のものでしたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました