朝ドラ「舞いあがれ」舞ちゃんとめぐみさんの覚悟 薄型テレビのネジの仕事は取れるのか?森本さんからの依頼

エンタメ

やっと重苦しい物語に光が差してきました。舞ちゃんは営業でIWAKURAのパワーポイントをしっかりアピールしてプレゼンも出来るようになり、「しっかり勉強したんですね、お嬢さん」と言ってもらえます。一方、めぐみさんはネジの単価を上げて欲しいと取引先に訪問、IWAKURAの職人の技術の単価だといい、取引先の社長さんに嫌味を言われようが一歩も引かない毅然とした態度で交渉をしていました。その結果、舞ちゃんのもとに”カワチ鋲螺”森本さんから薄型テレビのネジの見積もりをしてくれとの連絡が入ります。

 

IWAKURAの技術を理解した 舞ちゃん

舞ちゃんは前回、ネジのこともわからないで!

と言われたお父ちゃん時代からのお付き合いのある”カワチ鋲螺”

森本さんに再度プレゼンしに行きます

今度は”IWAKURA”の技術の高さをアピールし

さらにあの大損失を招いたネジ

IWAKURAの技術が詰まっている太陽光パネルのネジを持参し

事細かに説明します

そのネジは高度な独自技術の結晶のような商品だと

舞ちゃんは笠巻さんから教わっていました

 

感心した森本さんでしたが

それでもお願いする仕事がないと退席

舞ちゃんは森本さんを追いかけて頭を下げ

”どんな小さな仕事でも構いません。精一杯やらせてもらいますんで”

と懇願します

森本さんはその姿に昔のお父ちゃん:岩倉浩太を重ね合わせ

申し訳ない気持ちを溢れさせていました

しかし、会社に戻った舞ちゃんに”カワチ鋲螺”の森本さんから電話が

薄型テレビのネジの見積もりをお願いしたいという内容に

事務所にいたみんなが明るくなりました

あの嫌味たっぷりの山田さんまで

 

作れば作るほど赤字のネジ

リーマンショック後、仕事のなかったIWAKURAでしたが

なんとか会社を回すために

営業の藤沢君が取ってきた仕事が

実は赤字を膨らませている原因でもありました

これは主婦目線で商品単価を見直したから

判明したことでしょう

めぐみさんは1本3円80銭で出しているネジを1本4円50銭で交渉してくるといい

取引先に伺います

取引先の社長さんは漫画とかでも出てきそうな

嫌味を言ってきそうなキャラでしたが

めぐみさんは社長さんの嫌味に一歩も引かず

逆に3か月はこのままで仕事をさせてもらうので

その間に、別の会社を探してくださいと啖呵をきります

続けて「この価格はIWAKURAの職人の高い技術の正当な単価」とハッキリ言い

社長さんはめぐみさんの迫力にひるんでしまいます

会社に帰った藤沢君はそのことを工場のみんなに

自慢げに話し職人さんたちにも

めぐみさんの本気度を認めてくれたと思います

IWAKURAの技術の高さが生き残りを可能にする

めぐみさんが社長になって1番初めにしたことが

リストラでした

その時、技術を守るか、稼働率を守るかでリストラする人が変わる

そう朝まで悩みリストラ候補を決めていました

あくまでもIWAKURAの技術の高さにこだわった結果が今回のお話の

根幹になっています

笠巻さんのネジ教室には受講者が増えてきていますし

ネジに対しての理解度が職人全員にいきわたるようになると

これからドンドンIWAKURAの技術が上がっていくことでしょう

そうなると色々な仕事が増えていきそうです

予告にあった「設計するものがおらん」という言葉に

一体だれが登場することになるのか?

章兄ちゃんが戻ってくるのか?

刈谷先輩再登場はあるのか?

楽しみに待ちましょう!!

「#舞いあがれ」関連ページ
向かい風を受けてこそ飛行機は空高く飛べる! 様々な困難に翻弄される今、 空を見上げて飛ぶことをあきらめないヒロインの物語を通して、 明るい未来への希望を届けます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました