我が家に春が来た!!

雑記~徒然なるままに~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

北海道のコロナも徐々に増えてきて

今年も去年と同じことになるのかと

思うとグッタリします。

なぜ1年経っても、色々なことが好転しないのでしょうか?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

我が家の庭には春の象徴とも言える【さくらの木】がありません。『わたし』は【さくら】が1番好きだ。娘も小さい時から欲しいと言っていて、何とかしてあげたい気持ちでいっぱいだ!

白いさくらしか知らなかった

『わたし』は【さくら】が1番好きだ

この時期、街路樹がピンク色に染まり

お庭で咲いているピンクの花に目が奪われる

毎年。毎年。

「いいな~、綺麗だな~」

「これはなんて言う種類なのかな~」

などと思いながら仕事に向かう

【さくら】が本当にピンク色なのを知ったのは

札幌に出てきてからだった

地元の最東端の街では

【千島桜】という白っぽい【さくら】

樹の高さはあまり大きくなくて

横に幅広く、成長する桜です

  出典:https://www.city.nemuro.hokkaido.jp/

清隆寺の【千島桜】は昔は毎年のように

ニュースステーションなどに紹介されていました

  出典:https://reki4.com/

テレビやアニメに出てくる

まっピンク!【さくら】は都市伝説くらいにしか

信じてなかった

それが札幌に来てみると

街路樹が【さくらの木】という贅沢な風景が

あちらこちらでも見られた

わたし
わたし

【桜】って本当にピンク色なんだっ!!

 

 綺麗だなぁ~!!

さくらへの憧れ

いつか自分の家の庭で【さくら】を育てたい!!

そんな憧れを抱きつつ

数年が経つと

【さくら】にも色々な種類があることを

知るようになりました

それまでの『わたし』は

千島桜・芝桜・ソメイヨシノしか知りませんでした(芝桜もちょっと違う)

もちろん1番好きで、家で育てたいのは【千島桜】ですが

東京の浅草寺で見た【しだれ桜】は物凄く綺麗でしたし

静内町、エゾヤマザクラの「二十間道路桜並木」も感動しました

2年に1回くらいはモエレ沼公園の【桜】を観に行ったりもします

そんな「さくら愛」を聞かされ続けた娘も

当然のように「桜好き」になり

むすめ
むすめ

パパー、お庭に桜の木植えようよ!

わたし
わたし

パパは植えたいんだけど~

みんなが大きくなって、手入れなんて出来ないんだから止めなって言うのさ!

毎年、毎年、残念な気持ちになりながら

ホームセンターの花コーナーで

ため息をつくばかりでした

  出典:Pinterest

 

あの枝貰ってもいいかな?

『わたし』の仕事場の1つの幼稚園には

立派な【さくらの木】があります

毎年、G.W.が見ごろなので

満開の桜を堪能したことはありませんが

とても立派です

先日、仕事帰りに、ふと駐車場に目をむけてみると

枝払いして、切った大きな枝にたくさんの蕾が見えました

「あれは切ってしまって要らない枝だよね?」と

仕事仲間で、元生徒である、ここの駐車場の娘に聞いてみると

「そーじゃない?」と軽い一言が

それならばと急いで2メートルほどの大きな枝を拾い

我が愛車「とまと4号」の後部座席に

枝が折れないように優しく積み込みました

 

生命力の強さ

そんなルンルンな気持ちで帰ったにもかかわらず

仕事のことを考えたり

夜、泊まりに来る甥っ子のことを考えていたせいで

桜の枝は「とまと4号」で1泊してしまうのでした

翌朝、突然思い出した『わたし』

まだまだ固い蕾で

薄いピンク色をしているのは1つ、2つあるぐらい

乾燥してしまってダメかな?と

なかば諦め気分で枝を短くして

花瓶に入るくらいにカット

大小2つの花瓶にただ入れただけでした

それが・・・

  

みごとに咲きました!!

すごいね!生命って

娘は大喜び!!一日に何回も花瓶の桜を観に行っていました

花瓶に入りきらなかった余った枝もあったので

マリモとエビとドジョウの水槽に

ダイレクトに枝を入れてみました

すると・・・

 ちょっと蕾の先がピンク色に

 蕾が大きくなって膨らんで

 とうとう開きました!!

全く色づいてなかった蕾が

見事に咲いてくれました!!(わーい!)

本当に今日はを感じさせてくれる1日になりました

家に桜があったおかげで、子供との会話の話題になり

一緒に観察して、徐々に変化する蕾を見て一喜一憂する

本当に良い日になりました

・・・何とか庭に桜を植えたいと考えてしまいますね

 

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました