幼児音楽の授業(体験談) その1

レッスン&授業

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

娘は寝るときに

絵本を読んで貰ったり、耳掃除をして貰いながら

眠ってしまうのが大好きです

幸せそうな顔で寝るんです

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

『わたし』は現在、7つの園で授業をさせてもらっています。その園その園で授業の内容が違います。鍵盤ハーモニカを中心でやっている園があったり、「絵譜」を使ってリズム打ち・リズム遊びを中心にしている園があったり、学年によってやる事が違う園があったり、色々と授業風景も違うのでプライベートなことがバレない程度に、ほかの園の授業の様子を書いたり、授業の進め方のコツなどを書きたいと思います。

授業で「ドラムセット」

今日ご紹介する園では数年前から

年長さんの授業に「ドラムセット」を

取り入れています

色々な楽器を体験して

小学校に行ってもらいたいという事で

「ドラムセット」をやってます

コロナと言う事もあり

ソーシャルディスタンスを守るために

音楽室ではなく体育館に

ドラムセットを3台用意してもらいました

   

  大人用のドラムセットです

 

30分を有意義に使う

30分の授業で「ドラムセット」を

交代で叩いてもらうのですが

1クラス24人くらいと言う事は

3人x8回転、1組当たり3~4分と

出来る事はかぎられます

まずは足(キック)で「たまねぎ・たまねぎ・たまねぎ・」と

叩いてもらい

「カキ・カキ・カキ・ドン」とタムまわしをします。

(う~ん、文章で様子を書くのはむずかしい)

ここで保育士さんに問題です

3人ずつ交代で叩いてもらうのですが

どういう順番で3人ずつ出しますか?

グループごとに?

出来る子の順に?

出来ない子の順に?

女の子から?

男の子から?

何も考えない?

答えは・・・

この場合は言い方が悪いですが出来ない子の順にやりましょう。

大抵の保育士さんは出来る子から選んでしまいます

では、なぜか出来ない子から始めるのか?

出来ないにも色々とあると思います

集中力がないただただ出来ない言う事をきかないetc・・・

全部ひっくるめて、最初のうちにやります

集中力がない子は、自分の出番が来るまで待てません

言う事のきかない子も出番まで、じっとなんて出来ません

出来ない子には時間をかけて、説明してやらせてあげます

出来る子は、自分の出番まで待てますし、説明を聞くだけでできるでしょう

集中力のない子を後回しにしていい事なんてありません(笑)

出来る子は待っている時間も自主的に練習などして

自分の出番までには出来ちゃったりします

そうしたら、出来る子には同じ説明をしなくても出来ちゃうし

特別にちょっとむずかしくしたバージョンをやってもらう

「○○ちゃんや○○くん上手だから、これは出来るかな?」みたいに

すると全員のテンションが良い状態で

楽器に触ってもらえます

そこがわかる保育士さんはできる人だと思います

 

出来るだけ自分の力で、手とり足とりは意味がない

よく保育士さんで出来ない子の手を持って

一緒にやってあげたりしますが

残念ながら意味はほとんどありません

それは子供にとっては、「やった」「出来た」ではなく

「やらされた」という感じになります

できるだけ子供たちが「やった」「出来た」という

成功体験をさせてあげるようにしましょう

音楽だけの話ではないですが

1つの成功

1つの自信が

次への成功、次への自信に繋がります

なので『わたし』は30分という授業で

子供たちに何でもいいので「何か1つ出来た」という

気持ちにできるように心掛けています

ドラムセットは好評なので

次回もドラムセットをやる事にしました

 

まとめたページもあります。

404 NOT FOUND | 音楽工房TOTOとまと・ぶろぐ
ピアノが苦手な音楽講師のブログ

 

今晩はここまで。ではでは。よろしく哀愁

コメント

タイトルとURLをコピーしました