幼稚園・保育園・こども園で、「鍵盤ハーモニカ」を吹いていますか?使えてますか?

楽器の使い方

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆

「水曜どうでしょう」の新作がはじまりましたが

昔から観てる、北海道民は

大泉洋が役者だってことをこの番組では

忘れてしまうと思う。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆

「鍵盤ハーモニカ」ってこんな楽器ですよ。

「鍵盤ハーモニカ」を園で取り組んでいる

ところはたくさんあると思います。

なぜ?

どうして?

どうのくらい取り組んでますか?

1週間に1回?

2週間に1回?

1ヵ月に1回?

それとも毎日?

「鍵盤ハーモニカ」は小学2年生までは

必ず使う楽器です。

本当は学年があがれば

もっともっと高度なことも

できるはずなのに

指がおもった通りに

動かない低年齢の

間にしか使用しないのは

本当に勿体ないです。

リコーダーよりも音域が広いので

メロディーも吹ける!!

伴奏も吹ける!!

和音も吹ける!!

なんて万能な楽器でしょう~

ぜひ積極的に取り入れて欲しいです

 

 なぜ小2くらいまでしか使わないんでしょう?

 

楽しく!音をだすまでが大事

「鍵盤ハーモニカ」の指導が大変です!

っていう話を聞きます

「鍵盤ハーモニカ」の指導で

必ず曲の練習をしなくてはならない!!

って思っている保育士さんが

たくさんいると思います

もちろん練習の1つとして

曲を吹くのは手段の1つですし

曲が吹けると

こども達も嬉しくなります

しかし、指が動かない・・・

曲が吹けない・・・

ついていけない・・・

(います。います。)

こどもは1度めげると

そのあとやりたくないっ!!

といって卒園するまで

その状態が続いてしまうでしょう

それは小学校でも同じ

できない事はやりたくない!!

これが今のこどもの大半です

出来ないから「こんにゃろ~!!」

って頑張る子はほとんどいません

(いても100人中2~3人かな)

いかに楽しく音をだすことができるか?

1度でいいので

成功体験をすると

やる気がでてきます

(なんでもいいです)

指の動かし方でも

吹く姿勢でも

出てきた音が大きいでも

どこか褒めてあげると

その後に取り組む姿勢も

変わってきますよ

最初に出す、最初の最初の音までが

とっても大事ですよ

その行為を大事にしないと

こども達は話を聞いてくれない

いう事を聞かない

練習が進まないって事になります。

   [広告]

シールをベタベタ貼るのはやめましょう!!

買ったばかりの「鍵盤ハーモニカ」に

音階シールをすぐに

貼ってしまう保育士さんがいますが

それはやめましょう!!

現在、楽器メーカーで

音階と色が統一されています

「ド」→「

「レ」→「オレンジ」

「ミ」→「黄色」

「ファ」→「黄緑

「ソ」→「水色

「ラ」→「青」

「シ」→「ピンク」or「紫」

しかし、色が全然リンクしてない音階シールを

貼るのはナンセンスです

やっとメーカーが統一してくれたのに

あと年少さんに

「ド」とか「レ」ってシールを

貼っても理解しません

あと実経験ですが

シールを沢山貼ると

指が迷います

(特に小さいこども達は)

色ですら理解してない

可能性もあるので

『わたし』は初めに

」に赤いビニールテープを貼って

次に「ミ」に黄色いビニールテープを

最後に「」に水色のテープを貼ります

年少さんならこれで十分です

あとビニールテープは

はがす事ができるので

練習が終わったらテープをはがし

また使う時にテープを貼る

それで「」「ミ」「」を

覚えてもらうようにしています

  

  使うところのシールを徐々に増やしていきましょう

 

あまり間をあけないで!!

こども達が楽しく楽器を吹いた後に

1ヵ月~2ヶ月と

空いてしまうと

楽しさも忘れてしまいます

逆に発表会が近づいてきたので

詰め込み練習もこども達には

楽しさがサッパリ伝わりません

もちろん保育士さんも

気が重くなるでしょう

コツコツ少しずつやれば

苦手意識もなくなるかもですよ

 

 

今回はここまで、ではでは。よろしく哀愁

コメント

タイトルとURLをコピーしました