岩塩プレートで【肉】焼いてみたよ

雑記~徒然なるままに~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

風邪ひいたみたい

【精】をつけなくちゃ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

amazonで岩塩プレートというのを見つけました。そのまま火にかけて肉などを焼くことができるらしいんです。本当に焼けるのかを、実際に購入してみて【肉】を焼いてみました。

岩塩プレートとは?

岩塩プレートとは、岩塩の塊で板状の形をしています。

コンロなどで温めた岩塩プレートに食材を置くだけで

パサつくことなく美味しく焼きあがるお手軽アイテムな上に

手頃な価格であるため人気を呼んでいます

バーベキューなどのアウトドアで使用する人が多いようですが

家庭でも使うことが出来るんです

もちろん焼かなくても、お刺身やサラダなどを置くだけで

ほんのり甘じょっぱい味が堪能できます

本当に【肉】は焼けるのか?

今回は【肉】を焼く前提で購入しようと思いましたので

厚さが2㎝で20㎝x20㎝のヒマラヤ岩塩のプレートを購入しました

厚さが1㎝だと、「すぐ割れました」みたいなレビューが目立っていたので

厚さ2㎝をチョイス

届いたamazonの箱が異様に重たくて相方は

何を買ったのか?複雑な顔をしていて

箱の中から出てきたのものを見ても何をかったのか

全然わからなかったようです

岩塩プレートは、プレートとはいえ

石のプレートとは違い

ひび割れや結晶の区切れ目なども所々にあるので

急に熱すると爆ぜる可能性があるので

弱火で徐々にプレートを温めていきます

レビューや他のブログでかなり「しょっぱい」という

意見も多々あったので、多少赤身があってもいい「牛肉のステーキ」を

最初に焼く食材に抜擢です

  失敗してもいいように半額の食品

ただ焼くだけ

ステーキはとりあえず

いくつかに切り分けて

しっかりと焼けるようにしました

まずはガスコンロに直接プレートをのせて

  

弱火で少々熱してから本当に焼けるのか「いざ!勝負!!」

【じゅーじゅーじゅー・・・】

や、焼けてる。確実にやけている

弱火なので焦げ目が付くほどの焼け感ではないですが

(怖くて火力があげれない)

でも確実に焼けますよ

  

ちょっと時間はかかりましたが

最初にしては上々です

美味しそうでしょ!!

次は豚のヒレ肉

次は何を焼こうかと考え

脂がジュワジュワ出てくるような肉だと

岩塩プレートの塩が予想以上に溶けて

超しっぱくなるので

脂身の少なめな【豚のヒレ肉】をチョイス

 

前回と同じように弱火で温め、ヒレ肉もブロックで買ったので

あまり小さくならない程度に切ってみた

豚肉なのでしっかりと火は入れようと

ゆっくりじっくりと焼いてみたが

全部のヒレ肉を焼くのに

【ドラえもん】の主題歌から番組が終わるぐらいの時間をかけて

焼き上げました

  

 

じっくり焼いたので岩塩プレートがかなり焦げついてしまいました

お手入れ方法

実際に使ってみて

先ずはとても熱くなっているので冷めるまでは

素手で触らないようにしましょう

プレートの色がちょっとシャーベットみたいな

涼しげに見えるので

頭の中では熱いかもって思いつつも

一瞬ですが思わず素手で触っちゃいました(軽く火傷しましたよ)

冷めた後は

ぬるま湯で汚れをおとしますが

手でやさしく油分や焦げを取っていきます

我が家で買った岩塩プレートは

2回使いましたが大きな「ひび」が入って

そこに油分が入り込み見た目も綺麗ではなくなりました

他の料理に使うのはちょっと抵抗があるので

岩塩プレートは用途別に用意する方がいいと思います

水分はしっかりとキッチンペーパー拭き取り

次に使うときに爆ぜらないようにしましょう

一家に一枚あってもいいものだと思いますし

このコロナ禍でなかなか外で食事が出来ないので

お家でちょっとしたネタにもなりますし

お皿の代わりに使ってもいいですし

あって損はしないとおもいます

【肉】を焼く前提なら少し厚いものをお勧めします

 

ではでは。よろしく哀愁

コメント

タイトルとURLをコピーしました