山盛りの「から揚げ」

雑記~徒然なるままに~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

毎日寒いっすー

最低気温が2桁って

やっぱり雪のない所に憧れるー

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

冬休みに入り、連日のように我が家は寺子屋状態で、お昼ご飯や夜ご飯の用意を『わたし』がやったりもします(意外にご飯作れるんですよ)カレーライス🍛やスパゲッティー🍝、今晩は「鶏肉」が食べたい!!っという声にお応えして「から揚げ」山のように作ってやりました

 

まずは肉を切るべし

子供の相手を『わたし』がしている間に

相方が買い物に行ってくれました

残念ながら『わたし』の大好きな「チキンボーン」が無かったので

「むね肉」を約1㎏ほど買ってきてもらいました

まずはその肉を切ります

娘が食べやすいように!ひと口大に!!

肉食の甥っ子の為に!食べ応えのある大きめに!!

なんとなく食べやすいくらいの大きさに!!

う~ん、注文が多いので細切りに!!乱切りに!!

全集中で!!切ります!!

1㎏の肉を切るのは辛い

包丁はある程度、手入れをしていますが

10分ほど包丁を持って動かしていると

普通の人なら腱鞘炎になるかもしれませんが

『わたし』は長男だから我慢出来ました

 

「から揚げの素」を準備する

今回は「日本食研」のから揚げの素 160g

 出典:「日本食研」

「下味付け不要。冷めても美味しい。お肉ジューシー。」

初めて使う「から揚げ粉」もとい「から揚げの素」

肉の量がすごいので「から揚げの素」は全て使うことに

大きなボールに「から揚げの素」をドバっと入れて

水160gを砂場の山を崩すかの如く

相棒の水谷豊が紅茶を注ぐかのように入れて(これがポイント)

ダマにならないように

しっかりとかき混ぜます

かき混ぜた衣の素に切った肉を入れて

トングでゆっくり形が崩れないよう、そして手際よく混ぜ合わせます

  

揚げる!とにかく揚げる!!

我が家の揚げ物用の鍋はそんなに大きくないので

何回かに分けて揚げなくてはならないのだが

これも大変なのです

初めは菜箸で肉をつまみ

170度になった油の中に

まるで赤ちゃんをお風呂に入れるかのように

優しく優しく入れていたのだが

段々と面倒くさくなって

油が飛び散らない程度に投げ入れた

大体4分ほどで

い~い~、きつね色に揚がりはじめた

  

1㎏分の肉を揚げるのだから

かなり時間がかかる

一緒に台所にいた相方が揚がった「から揚げ」の前を

通るたびに娘用のひと口大の「から揚げ」は

相方の口の中に次から次へと

ブラックホールのように消えていくのだった(言い過ぎた!!)

 

山のような「から揚げ」

夕ご飯ができるまで

アイスクライマーをやっていた子供たちは

山盛りの「から揚げ」を見た途端

甥っ子
甥っ子

ヤバい!めっちゃ!ヤバい!!

むすめ
むすめ

うわー、一生分の「から揚げ」

『わたし』的には、見た目のインパクトを大事にしたかったのと

次の日の朝ごはんに「から揚げ」が残るようにしたいだけだった

 

どうですか「から揚げマウンテン」(マヨネーズつけたら最高!!)

娘は「10個食べたー」といい

甥っ子は明日の朝にも食べに来るから「残しておけ」という

満足してくれたら、それで大満足だよ~

明日は何を作ろうかな?

 

 

ではでは。よろしく哀愁

コメント

タイトルとURLをコピーしました