古くなったパジャマとの別れ!!

雑記~徒然なるままに~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日は11月22日

「良い夫婦の日」らしい

ロイズの生チョコで勘弁してくれぃ(笑)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

普段、寝る時何を着る?

みなさんは普段どのような格好で

布団に入りますか?

パジャマ?

Tシャツ?

浴衣?

もしや裸族???

『わたし』は初めて一人暮らしを

始めた時に1番最初に買ったのが

パジャマでした。

寝るときにTシャツ&パンツだと

どうしてもスイッチが変わらない

ゆっくり寝れない感じがして

パジャマを愛用していました

昔あった「BLUE HOUSE」(あー、なつかしい)

という雑貨店に行っては

デニム生地のパジャマを

買ったきたりしていました。 

 

裸族

そんな『わたし』が1年後に

裸族になりました(裸で寝るってこと)

裸で寝ると

血行がよくなる

グッスリ眠れるという

話を聞いたからです

あと災害時に

裸で寝ているほうが

「まずはパンツを履かないと!」

起きてすぐに冷静になれる

聞いたからです

たしかに裸族はよかったです(笑)

ですが専門学校の先生を

するようになってからは

我が家への人の出入りが

激しくて

流石に人が泊ってるときに

裸って訳にはいかないなぁ~

と思い裸族生活は

一時期、終わりをむかえます(笑)

 

ショートスリーパーの為、Tシャツ&短パンへ

専門学校時代の夜中は

毎夜毎夜、先輩や同級生、後輩が

やってきては

楽しい事に誘ってくれたり

遊んだりと楽しい思い出が

たくさんありました

その為か

寝るのが勿体なくて

夜中まで起きているのが

癖になっていました

「もしかしたら楽しい事が起こるかも」

なので寝るのが

午前3時過ぎ

起きるのが

午前7時くらいという

睡眠時間3~4時間の

ショートスリーパーでした。

なのでいつも恰好は

家に戻ったら

Tシャツ&短パンでした

すぐに出掛けれるので

流石に寝る用のTシャツを着るのですが

ヨレヨレ感が凄くなってくるのです

だいたい4~5年ほど着て

着潰してします!!

 

 

今回、ひさびさのお別れ!!

ショートスリーパーは

結婚しても

生活リズムは変わりませんでした

娘が産まれてからは

いつ夜泣きしてもいいように

夜中じゅう起きていました

娘も大きくなり

夜泣きの心配もなくなり

最近では、洗濯物の畳むお手伝いまで

してくれます

そんな娘の何気ない言葉

「(むすめ)この大きな雑巾は、なげないの???」

なげないの=捨てないの

「(わたし)それはパパのパジャマだよ」

「(むすめ)絶句。。。

「(わたし)それはパパのパジャマだよ」(二度言う)

「(むすめ)パパ捨てて。。。

(このヨレヨレ感が最高なのに)

現在は、通常時にきているTシャツが1軍だとすると

パジャマ替わりに着ているものは2軍

さらに年期が入ってくると「ヴィンテージ」となりますが

今回はその「ヴィンテージ」を1枚

捨てる事にしました

 

 貧乏だからこれを着てたわけじゃないですよ このヨレヨレ感が良かったの(笑)

物持ちがいいって話ですよ!

びんぼう話じゃないですよ(笑)

 

 今回はここまで。ではでは。よろしく哀愁

コメント

タイトルとURLをコピーしました