レベッカ 7年ぶりにMステに登場 名曲「フレンズ」披露にファン歓喜

エンタメ

レベッカは1980年代後半に「フレンズ」などのヒット曲を残し、BOØWYとともに第二次バンドブームの先駆けとなりました。1991年の解散後、2度の再結成を経て、2015年より活動を再開しています。

 

今回は7年ぶりのミュージックステーションに登場で、名曲「フレンズ」を披露するようだ

【ロックバンド・レベッカとは】

1982年2月、ギターの木暮武彦(シャケ)がリーダーとなり

埼玉県内のアマチュアミュージシャンが集まり結成

バンド名は木暮がケイト・ダグラス・ウィギンの小説『黒い瞳の少女レベッカ』から引用した

前身のバンドは男性ボーカルだったが

バンド「DOLL」のボーカルだったNOKKO(ベースの山田貢司の妹)が加入する

同年7月、木暮とNOKKOがデモテープを売り込もうとロサンゼルスへ渡り

バンドは活動停止となる

ふたりは夢を叶えられず帰国し

1983年1月、ベースの高橋教之が加入しバンドは再始動する

実はレベッカはメンバーの入れ替わりの激しいバンドで

現メンバー4人の他に

過去に在籍したメンバーが5人

サポートメンバーが6人と年代により

バンドの風景が変わっている

前回、Mステ出演時

【レベッカに影響されたアーティスト】

1人の女性ボーカルと他の男性楽器担当という

構成のロックバンドはサディスティック・ミカ・バンドや

シーナ&ザ・ロケッツなど既に存在してたが

レベッカのメジャーヒットによって以降は

このスタイルのグループが多く登場することになる

LINDBERGの渡瀬マキやタレントの千秋は

かつてシンガーを目指していた頃はNOKKOに憧れていたと明かしている

コメント

タイトルとURLをコピーしました