ドラムセットがなくても大丈夫!お家でチョット変った練習方法

ドラム練習

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

チョコエッグの中に入っている

プラスチックのカプセルって

赤ちゃん用のミニミニマラカス作るのに

丁度いい

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

利き手じゃないほうの手と仲良くなる方法

ドラムセットに限ってではないですが

どうしても「利き手」は器用に

「利き手じゃない手」は不器用になります

それは、生きている期間が長いほど

「利き手」との差は広がります

なのに左右対称に動かすのには

無理があります

『わたし』は【THE右利き】だったので

どうしても左右同じ動きが

出来ずに悩んでいました

そこで思いついた作戦は

《利き手を休ませて、利き手じゃない手をもっと使う作戦》

まずは「歯磨き」を「利き手じゃない手」で

時間をかけてやります。(凄くやりずらいです)

そして、扉をあけるのを「利き手じゃない手」で

意識してあけます。

【部屋の扉】【トイレの扉】【戸棚の扉】【冷蔵庫の扉】etc

ありとあらゆるものを逆にします

あともう1つ

外食の時だけ「利き手じゃない手」で食べる

毎食は疲れるし、長続きしないので

さぁ、挑戦してみましょう!!

 

 

ペットボトルを使って、手首を強化

カラのペットボトルは

お家にありますよね

次はそのペットボトルを使った

手首の強化方法です

 

キャップのところを持ち

手の甲を上にして

ペットボトルと腕が真っすぐになるように

腕を伸ばします

 

ゆっくり7つ数えながら

ペットボトルを下に降ろして(キャップはしっかり持つように)

 

次にゆっくり7つ数えながら

ペットボトルを上に上げます

これだけです

早く動かしては何の意味もありません

ゆっくり動かすことで

筋肉を伸ばし、筋肉を縮めて

徐々に徐々に筋肉がついていきます

慣れてきたらペットボトルに

少しずつ水を入れてやってみましょう

もちろん左右両方やりましょう!!

   [広告]

足を動かす練習、音楽に合わせて

ドラムセットは手の他に

足も使います

家で出来る足の練習は

まず椅子に座ります

できれば浅く座りましょう

右足の踵をあげます(床につけない)

つま先がついてる状態です

そして、太ももから持ち上げるように動かします

「ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!」

レッスンでは

「た・ま・ね・ぎ・た・ま・ね・ぎ・」といいながら

足を動かします

あとは自分の好きな曲

なんでもいいです

1曲まるまる、休まず足を動かし続けましょう(笑)

最初は3分くらいの

長さの曲がいいですね

足だけでいいですよ

簡単でしょ(笑)

実はドラムのリズムパターンにも

流行というものがあるのですが

ここ最近のリズムパターンは

「ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!」が

主流になっています(7割はこれだけでOKと言っても過言ではない)

初めは3分休まずに動かすのは

大変かもしれませんが慣れてくださいね(笑)

 

 今回、紹介した練習方法は、ドラムセットが家に無くても、スティックがなくても、出来る簡単なものばかりです。誤魔化されたと思ってやってみてください。これは『わたし』が実際にやっていた練習方法です。ドラムのテクニックというより、基礎力をつける練習だと思ってもらえるといいです。基礎力があがると、テクニカルな練習をする時もスムーズに身体が動くようになりますよ。

 

 

今回はここまで。ではでは。よろしく哀愁

コメント

タイトルとURLをコピーしました