大きな『栗』茹でてみた。

雑記~徒然なるままに~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今週は休みがなかった。。。

次の休日はいつだろう?

デスクワークいつやろう?ブログ書かずにデスクワークするべきか。。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

  

 

 意を決して、大きな『栗』を茹でる

 先日買ってきた『栗』をとりあえず茹でてみました。粒が大きいので、あっという間に鍋が満杯、これぞ!「密」ですね。なんの種類の『栗』だったかは、スッカリ忘れてしまいましたが、まずは1日水に入れて(・・・どうしてなのかはわかりませんが、相方がそうしろというので)そして、鍋に移して水からじっくりと茹でて行きます(・・・八百屋のおばちゃんが言いました) 1時間くらいと言っていましたが途中で1つ食べてみたら、まだ堅い所があったのでさらに40分、グラグラ、グラグラ茹でてみました。

 グラグラ~、グラグラ~

 あ~、なつかしい「北海道芸術専門学校」時代、山口先生に誘われ、毎日のように栗の木公園に行っては『栗』を拾い、事務室で塩茹しては生徒のところに差し入れていた事を。。。閉校直近の『わたし』の仕事のメイン作業でした(笑)

 1時間40分たっぷりと、茹でた『栗』は凄く甘くて、晩飯のカレーライスをおかわりしたにも係わらず、ミニトマトサイズよりデカイ、どちらかといえば、フルーツトマトサイズ『栗』を 10個ほど食べてしまいました。(まだ食べれたけど、娘をお風呂に入れないと・・・)

  食べ応えあり!!そしてあま~い。

 残った『栗』は、栗ご飯にでもしましょうかね。

 

 

今晩はここまで、ではでは。よろしく哀愁

コメント

タイトルとURLをコピーしました