「舞いあがれ」IWAKURA・夢プロジェクト始動 プロジェクトリーダーは岩倉舞

エンタメ

舞ちゃんとお父ちゃんの夢である、飛行機の部品をIWAKURAで作るということが現実に近づいてきました。「菱崎工業」の重役・荒金さんがIWAKURAにやってきて、飛行機のエンジンボルトの試作品を作ってみませんかという申し出でした。

社長のめぐみさんは、新たな事業に舵をきるのには不安があるので難色を示します。せっかくの申し出を舞ちゃんは手放すわけにはいかず、荒金さんに図面を見せてもらえないか、お願いします。

 

役員会議

IWAKURAでは荒金さんが帰った後

ベテラン職人さんだけで会議が行われます

舞ちゃんは荒金さんにお預かりした図面を職人さんに見せます

ここで最古参の職人・笠巻さんが

「雲をつかむような話や ムズカシすぎる」と難色を示します

扱ったことのない”ニッケル基合金”を使って作成するため

どういう工程で作ればいいのかがわからないといいます

しかし、舞ちゃんの熱い思いと、お父ちゃんの言葉を思い出した笠巻さんは

「お父ちゃんも頑固やったけど、あんたそれ以上やな」

そういって笑い、社長のめぐみさんも了承するのでした

飛行機部品に大事なこと

飛行機は車と違って

部分数も大きく違います

車の部品は3万点のパーツから出来ていますが

飛行機は300万点のパーツから出来ているんのです

飛行機の部品には高熱や振動といった過酷な環境に晒されるため

そんな環境にも耐えれるように緻密に計算された精度の高い品質が要求されます

部品1つ1つの出来が人の命にかかわるからです

プロジェクトリーダー 舞ちゃん

今回の飛行機の部品作りのプロジェクト

”IWAKURA・夢プロジェクト”のリーダーとなり

毎晩、毎晩、工場で試作品作りをしています

社長のめぐみさんが結婚できるのか心配になってしまうくらいです

でも舞ちゃんは貴司くんがいるから安心してほしいですけどね

飛行機の部品を作るのには”JISQ9100”という認証規格も必要のようですが

舞ちゃんはすでに勉強をはじめています

 

今回、初めて使う”ニッケル基合金”という素材は

硬くて加工がむずかしいので何度も失敗しながら

最適な加工方法を探していくという、本当に手探りでの作業のようです

舞ちゃんはリーダーとしてみんなの先頭に立って

”IWAKURA・夢プロジェクト”を進めていきます

ちょっと下町ロケットみたいな展開になるのでしょうか?

「#舞いあがれ」関連ページ
向かい風を受けてこそ飛行機は空高く飛べる! 様々な困難に翻弄される今、 空を見上げて飛ぶことをあきらめないヒロインの物語を通して、 明るい未来への希望を届けます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました