「舞いあがれ」飛行機にIWAKURAの部品を載せたい 舞ちゃんがめぐみを説得 航空機産業支援セミナーへ参加

エンタメ

4年後、舞ちゃんはIWAKURAの営業のエースになっていました。新しい仕事もしっかり会社のことを把握した上で、プレゼンして、仕事を取ってくる。4年でとても成長したようです。飛んでいる飛行機を見て何かを思う舞ちゃん、それはパイロットへの未練なのか?とも思いましたが、舞ちゃんはそうではなく、飛行機の部品をIWAKURAで作りたいというお父ちゃんとの約束の、新たなチャレンジへの想いでした。

IWAKURAの現状

営業のエースへと成長した舞ちゃん

新たな仕事をしっかりとプレゼンして契約してくる

IWAKURAの今まで作ったネジのことも

しっかりと把握しているようでした

会社の業績も右肩上がりで発注も増え

梱包作業も人数を増やさないといけないぐらい

工場の稼働はいいようです

お父ちゃんが必ず呼び戻すと約束した梱包係のおばちゃたちも

 

舞ちゃんが説得して戻ってきてもらいました

リストラした職人さん達は今の仕事が忙しそうで

戻ってきてもらう話は出来なかったようですが

新しい機械を購入して、新しい職人さんも雇わないと

IWAKURAが回らないくらい忙しそうです

ネジの材料も問屋が喜ぶくらい仕入れをしていましたね

舞ちゃんの現状

IWAKURAで正式に働き始めた時のような

職人さんからの偏見の目はもうなさそうですし

山田さんとも仲がよさそうです

めぐみさんを社長と呼んでいるところが

社会人としての4年間の時の流れを感じました

舞ちゃんのプライベートは?というと

仕事終わりに貴司くんが店主をしている

”デラシネ”に出入りしているようです

”デラシネ”は舞ちゃんたちが子供の時

すごした憩いの場所ではありましたが

どうやら、そうではなく貴司くんと舞ちゃんはラブラブな感じでした

お付き合いしているかは明言していませんが

”貴司くんは何でもつくれて凄いなぁ”

舞ちゃんが言っていることから

2人はよくご飯を作りあっている仲だと言っていいでしょう

新たな一歩へ

舞ちゃんはお父ちゃんの仏壇の前で

新たな一歩への決意をします

飛行機の部品をつくる会社への航空機産業支援セミナーへの参加して

お父ちゃんとの夢への一歩を踏み出します

舞の熱意をめぐみも理解し

航空機産業支援セミナーに参加することを了承します

 

そこではどんな出会いがあり

どんな人との繋がりが出来てくるのか?

「なにわバードマン」という言葉も出てくるようですよ

「#舞いあがれ」関連ページ
向かい風を受けてこそ飛行機は空高く飛べる! 様々な困難に翻弄される今、 空を見上げて飛ぶことをあきらめないヒロインの物語を通して、 明るい未来への希望を届けます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました