「舞いあがれ」夏野菜を刻んで麺つゆにつけて食べる 山形県の郷土料理とは? 袋の中身はどんな野菜

エンタメ

舞ちゃんがセミナーの帰りに、貴司くんの所によって、今晩「そうめん」と「夏野菜の天ぷら」にしようと思っているけど、どうしようか?と相談しにきました。舞ちゃんの持っている袋を覗いた、貴司くんは「刻んで麺つゆにつけて、そうめんにのせればいい」と山形でみた料理だと伝えていました。どうやらその料理は”だし”という山形県の郷土料理のようです。

「だし」と呼ばれる山形の郷土料理

貴司くんの言っていた料理とは

山形の郷土料理の「だし」というものです

暑さで食欲がなくなる時期に

”きゅうりやなすなど水分を多く含む夏野菜と青じそやみょうがなどの香味野菜を刻んで和え味付けしたのが「だし」です

昔から農繁期のスピード料理としても親しまれてきた料理です

「だし」という名前の由来は

出汁のようにほかの食材を引き立てる事から「だし」となった説や

包丁で野菜を細かく切り“出す”ことから「だし」となった説

また野菜を刻んで味付けしただけで手早く食卓に“出す”ことから

「だし」となったなど諸説ある

「だし」のレシピは“100軒の家があれば100種類の味”があるといわれていて

非常に多彩なのが面白いところ

 

基本の具材はなす、きゅうりだが、そこに青じそやみょうが

ねぎを入れたり、玉ねぎを加える家庭もある

また山芋やオクラ、納豆昆布(刻み昆布)などを混ぜてねばりを出すことも

調味料は醤油が基本だが、めんつゆや出汁入り醤油を使ったりもする

袋に入っている夏野菜はなんだ?

舞ちゃんが持っていたレジ袋の中に入っていた野菜は

「ナス、大葉、オクラ、キュウリ、ミョウガ」が入っていたそうです

朝ドラ「舞い上がれ」の公式Twitterで

そのことが書いてありました

郷土料理「だし」は何にでも合う

「だし」は万能調味料のように何にでも合う料理です

たとえば舞ちゃんに言っていた”そうめん””だし”

 

定番の”ごはん””だし”

 

”冷奴””だし”

 

”厚揚げ””だし”

 

「#舞いあがれ」関連ページ
向かい風を受けてこそ飛行機は空高く飛べる! 様々な困難に翻弄される今、 空を見上げて飛ぶことをあきらめないヒロインの物語を通して、 明るい未来への希望を届けます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました