「不要不急の外出控えて」今冬最強寒波到来で気象庁・国交省が緊急の呼びかけ 車に積んでおきたい7つの物

雑記~徒然なるままに~

10年に1度の最強寒波到来に「不要不急の外出控えて」と気象庁・国交省が緊急の呼びかけをしている。天気図をみると火曜日・水曜日と日本海側は九州まで大雪予報となっており、雪による立ち往生、ホワイトアウトによる事故などに備えて「不要不急の外出控えて」と異例な発表をしている。

 

車に積んでおきたいもの

10年に1度の最強寒波到来といっても

なかなか仕事を休む、学校を休むということはできません

どうしても車でちょっと遠めに出かけなければならないときに

車に積んでおきたいものを

いくつか挙げてみました

珍しいものはありません

毛布・手袋

車が渋滞で止まってしまった

もしくは道の駅など車を停めて休む場合

毛布や手袋があると便利です

暖をとるということは命にかかわることなので

せめて毛布や手袋を積んでおくことをお勧めします

軽食・水

少し遠出をするのならば

軽食・水を積んでおきましょう

よくトラックに積んであった食料を分けて

過ごしたみたいなニュースもありますが

いつもそんなトラックがいるとは限りません

コンビニおにぎり、サンドイッチ、水など

備蓄しておくと安心です

オムツ

これはちょっと???となるかもしれませんが

トイレの心配もあります

おむつを履きなさいと言う事ではありません

おむつを用意しておくと簡易トイレになります

コンビニのビニール袋におむつを入れて

そこにおしっこをするなど

実際に立ち往生したときに困ることの1つです

においなども気なると思うので

袋におむつを入れて

あとは袋を縛ってしまえばいいのです

最近ではフラット型のオムツシートというものも売っています

 

サングラス

なぜ?サングラスと思うかもしれませんが

ホワイトアウトの時にサングラスをすることで

道が見えやすくなります

ただし、夜にすると周りも暗いので

注意が必要ですがホワイトアウトには効果は抜群です

滑らない靴(スノーブーツ)・スコップ

スリップして動かない車や

車の周りの雪を払うのに

普通の靴では雪で滑って

思うようにできません

あとは足元の暖をとるという意味でも

スノーブーツ的なものがあるといいですよ

カイロ

雪で車が動かなくなったときは

車のエンジンは切らなくてはなりません

車の周りに雪が積もっていると

マフラーから出るはずの排気が

車の中に充満して一酸化炭素中毒になってしまうので

エンジンを切ってカイロなどを使って暖をとりべきです

モバイルバッテリー

携帯電話は今や救急事態を知らせるための

重要なアイテムです

大事な時にゲームをしていて

充電がなくなったとか起きないように

モバイルバッテリーを常備するのをお勧めします

まとめ

ほかにも今は便利なものや

役にたつものが色々ありますが

せめてどうしても吹雪の時に出かけなければならない

遠出をしなければならないのならば

丸腰で出かけるのはやめましょう

ホワイトアウトも甘く見ないように

数年前、道東で家まで200メートルのところで

方向を見失い親子が凍死してしまった事故なども起きています

不要不急の外出を控えてるのが1番の安全策です

コメント

タイトルとURLをコピーしました